Monthly Archives: 12月 2016

研究されていること

カーボンニュートラルな農業を実現させるための研究は盛んに行われています。たとえば品種改良の研究があります。品種改良をすることによって収量を高めることができるならば、より多くの炭素を吸収させることができるようになります。

あるいは遺伝子組み換えによって除草剤耐性作物を生み出すことができれば耕す必要がなくなるでしょう。除草剤によって雑草防除が可能になるからです。土を耕さないことによって土の中から大気中に出て行く炭素の量を減らすことができるのです。トラクターを使わなくても良くなるため、これによってもガスの量を抑えることができます。

収穫したあとに作物の一部を農地に残しておくという方法もあります。これによって炭素を土の中に蓄積させておくことができます。被覆作物を栽培することによって土壌の荒廃を防ぐだけではなくて、炭素の吸収をさせるということも可能です。

また、データサイエンスの分野による研究も行われています。いろいろなデータを継続的に集めることによって、無駄に窒素肥料を用いずに農業ができるようになれば、結果的に温室効果ガスを抑制できるでしょう。このようにさまざまな研究が進められており、環境にやさしい農業を実現させようとしているのです。

農業との関係性

カーボンニュートラルの考え方を農業に応用しようという試みがあります。農業による温室効果ガスの排出量というのは工業や輸送などよりも大きいのです。農業では家畜の呼吸や土壌中から空気中への温室効果ガスの排出があります。窒素肥料も使うことになるため、これによって温室効果ガスが発生するのです。

これらの影響によって農業がどんどん温暖化を引き起こす原因となっています。そこでカーボンニュートラルの考え方を用いた新しい農業のシステムを構築することが進められているのです。

たとえばバイオマスは特に注目されています。農業廃棄物が生じた時にそれをただ処分するのではなくて、新しいエネルギー資源として利用するのです。バイオマスを利用してエネルギーを発生させると大気中に二酸化炭素が排出されます。これは再び農業によってバイオマスが大気中の二酸化炭素を吸収するのです。

つまり二酸化炭素が常に循環している状態となるため、二酸化炭素の総量を増やすことにはなりません。この仕組みを農業に活かすことによって、地球温暖化への対策ができるという考え方もあるのです。実際にバイオマスは実用されており、これからはますますカーボンニュートラルな仕組みの一つとして注目されるでしょう。