農業との関係性

カーボンニュートラルの考え方を農業に応用しようという試みがあります。農業による温室効果ガスの排出量というのは工業や輸送などよりも大きいのです。農業では家畜の呼吸や土壌中から空気中への温室効果ガスの排出があります。窒素肥料も使うことになるため、これによって温室効果ガスが発生するのです。

これらの影響によって農業がどんどん温暖化を引き起こす原因となっています。そこでカーボンニュートラルの考え方を用いた新しい農業のシステムを構築することが進められているのです。

たとえばバイオマスは特に注目されています。農業廃棄物が生じた時にそれをただ処分するのではなくて、新しいエネルギー資源として利用するのです。バイオマスを利用してエネルギーを発生させると大気中に二酸化炭素が排出されます。これは再び農業によってバイオマスが大気中の二酸化炭素を吸収するのです。

つまり二酸化炭素が常に循環している状態となるため、二酸化炭素の総量を増やすことにはなりません。この仕組みを農業に活かすことによって、地球温暖化への対策ができるという考え方もあるのです。実際にバイオマスは実用されており、これからはますますカーボンニュートラルな仕組みの一つとして注目されるでしょう。